キクタンのレビュー


シリーズで累計160万部を突破した実績のある英単語集です。CD2枚と書籍1冊で構成された内容ですが、非常に密度の濃い良書です。英単語を効率的に覚えたい人や大学受験生などに最適な書籍です。



どんな人におすすめ?


1.英単語をたくさん覚えたい人
2.大学受験生
3.耳で聞いて正しい発音を覚えながら英単語を覚えたい人
4.実績のある英単語集が欲しい人



得られる効果


1.英単語を効率的に覚えられる
2.正確な発音とアクセントを覚えられる
3.大学受験や資格試験に合格できる



シリーズと難易度


キクタンには難易度別にEntry、Basic、Advanced、Superの4つのコースがあります。それぞれの内容を受験レベルや英検、TOEICのスコアと比較すると、どれくらいのレベルに該当するかを下の図にまとめています。





使用するテキストやCD


各シリーズとも1冊の書籍とCDが2枚付属しています。各シリーズの収録単語数は以下のようになっています。

Entry 520語
Basic 1120語
Advanced 1120語
Super 1120語




勉強の仕方と感想


この書籍に付属しているCDでは、ネイティブが英単語を発音して、そのあとに日本語訳が続きます。バックには音楽が流れていて、リズムに乗って記憶がしやすい作りになっています。英単語と日本語だけが静かに続くと眠たくなってしまいますが、音楽が軽く流れているので聞きやすいです。1回分(1トラック)は大体1分30秒程度で、Entryの場合だと8単語、Basic以上は16単語です。1日に1トラックずつ学習する場合、約2か月で終了します。1日に聞く単語の数を増やせば、もう少し早く終わります。


1日のうちで1トラックを何回も繰り返し聞いて覚えてもいいですし、10トラック分くらいを何日間か続けて聞いて、自然と覚えるのを待つのでも良いと思います。リピート機能を使えば繰り返し学習が簡単にできます。私は1回に3トラック分をまとめて聞くということを繰り返していました。覚えたと思ったら、次の3トラックに進むという具合にして学習を進めました。


最初は音だけを聞いて、正しい音をインプットするようにするとリスニングの勉強にもなります。ただ、何回聞いても知らない単語はどうしてもわからないので、先にテキストを見て英単語と意味を確認しておきました。その方が、スペルと音と意味がつながって覚えやすかったです。英単語を見た時に、カタカナ発音で覚えるのではなく、CDを通して聞こえてくる音と結びつけるようにするのが正しい発音を覚えるコツだと思います。


テキストにはcheck1〜check3の3つのモードがあります。

check1では英単語のスペルト意味を覚えます。これはCDと照らし合わせながら覚えると良いです。

check2ではフレーズを覚えます。たとえば、indulgeという単語を覚える場合、単語と意味だけを覚えるよりも、indulge in drinking(酒に溺れる))やindulge a child(子供を甘やかす)というフレーズとして覚えておくと、会話でも使えますし、英語を聞いた時にもスッと意味が理解できます。英単語はよく使われる組み合わせがありますので、フレーズを覚えておくととても役に立ちます。英単語を使えるようにするにはとても大事ですね。

check3ではさらに文章を覚えます。check2でも十分な場合があるのですが、1文を覚えることでより完璧になります。私はどちらかというとcheck3はあまりせず、check2までを重点的にやりました。

CDではcheck1しかできませんので、check2とcheck3は自分でテキストを見ながら学習することになります。

英単語を耳で聞いて覚えながら、フレーズや文章もセットで覚えていくことで、かなりの英語力が身についた感じがしました。おかげで英文を読み取る力もつきましたし、リスニング力もアップしたと思います。


 キクタン




関連記事

1.リスニング力がアップするまでの時間は?
2.1日30分を続けて英語をマスター
3.CNNを無料で見よう